カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
沖縄三線・沖縄三味線専門店 大栄工芸のブログ沖縄三線・沖縄三味線専門店 大栄工芸のメルマガ沖縄三線・沖縄三味線専門店 大栄工芸の電話番号

通販で三線セットを販売|琉球古典音楽の歴史

三線の通販専門|初心者用のセットなら|大栄工芸


かつて琉球王朝時代、三味線を中心に笛や太鼓、胡弓に筝曲などの古典音楽が盛んでした。14世紀末頃に中国から伝来した三線は、今や琉球の音楽を演奏するのに欠かせない管楽器の1つです。

沖縄の古典音楽の誕生をはじめ、時代の流れと共に歴史を育んできた「琉球古典音楽」の魅力について、お伝えします。

今も受け継がれる琉球古典音楽

歌・舞・三線の伝統音楽が継承され続けてきた沖縄では、古典音楽の「独特な間の取り方」や「音域の広さ」、さらに「強弱のつけ方」などでも注目されるようになりました。現在まで伝わる琉球古典音楽の創始者的役割を担った人物が「湛水親方(幸地賢忠)」と言われています。

17世紀頃の琉球では、琉球音楽よりも大和芸能が推奨されていましたが、その中で湛水親方は古典三線音楽「湛水流」を完成させる事に成功し、この湛水流が古典音楽の基礎を築いたのです。

流派と工工四の誕生

18世紀に入ると、中国の楽譜を元にして屋嘉比朝寄が工六四(クンルンシー)を作成し、知念績高により工工四(クンクンシー)が考案されます。この工工四を、知念の弟子である安冨祖正元と野村安趙が継承した事によって、現在に繋がる「安冨祖流」・「野村流」が確立されました。

現在、私たちが使用している工工四は、19世紀頃に野村安趙が尚泰王の命で編纂した工工四が元になっています。瞬く間に広がりを見せた三線音楽の歴史を辿る事で、学習者の増加に伴う継承への道筋も見えてきます。

古典音楽の流派の特徴

琉球古典音楽の2大流派と言われる「野村流」と「安冨祖流」にあまり大きな違いはなく、一部の曲を除けば2流派合同で演奏も可能です。野村流と安冨祖流の違いを簡単にご紹介します。

安冨祖流

師匠から弟子へ口伝でのレッスンが主で、抑揚ある節回しや手の使い方が特徴です。唄い方や仕草も、師匠から学んでいきます。

野村流

声楽譜付きの工工四が普及し、自学習が可能となった事が特徴です。ただ、譜面の読み方やバチの使い方などで、流派の師匠に指導を受ける方もいらっしゃいます。

琉球古典音楽は、流派や形が出来上がるまで長い歴史を辿ってきました。時代と共に育まれてきた独特な音色は、老若男女問わず心に響くものがあります。その音色と芸術性に魅了されて、三線を弾きたいと考える方も増えています。

通販専門の大栄工芸では、三線を始めたい方向けのセット商品をはじめ、本皮張りのしっかりとした三線を取り扱っています。初心者から上級者まで人気の高い「真壁型」は、数ある型の中でも全体のバランスが美しくおすすめです。歴史深い三線の魅力をもっと深く知りたいとお考えの際は、大栄工芸をご利用ください。

沖縄三線の販売・オーダーメイド作成なら通販店【大栄工芸】 概要

名称 大栄工芸
所在地 〒901-1303 沖縄県島尻郡与那原町字与那原3192−29
電話番号 098-946-6532
FAX 098-946-6532
メールアドレス shopmaster@daiei34.com
URL http://www.daiei34.com
説明 沖縄三線・三味線の通販なら【大栄工芸】へ。初心者セットから、真壁型の本皮三線、人気の紅型、オリジナル・オーダーメイドの三線もお承ります。ケースなどの付属品も取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

コラム

三線ってどんな楽器?
三線のいろいろな種類について
三線各部の名称について
演奏への第一歩!工工四を知ろう
三線で弾きたい沖縄民謡
琉球古典音楽の歴史
可愛くて楽しい、カンカラ三線って?
世界にひとつだけ!あなたのオリジナル三線を作りませんか?
弾き語りをしよう!ウチナーグチ入門
沖縄音楽のポイント・琉球音階について

コラム