カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
沖縄三線・沖縄三味線専門店 大栄工芸のブログ沖縄三線・沖縄三味線専門店 大栄工芸のメルマガ沖縄三線・沖縄三味線専門店 大栄工芸の電話番号

真壁型を通販で|三線のいろいろな種類

三線の通販で真壁型の本皮三線を|大栄工芸


管楽器である三味線は、琉球王朝の時代より大切な伝統楽器として受け継がれており、県民はもちろん観光や通販など、沖縄の魅力を伝える手段の1つとして注目されています。

本体はヘビの皮が貼られている胴(チーガ)と漆塗りされている棹(ソー)、糸巻き(カラクイ)から成り、太さが異なる弦を3本使用し演奏を行います。三味線の型は実に様々で、時代の流れに伴って形状が変化してきました。
棹の形状によって型が決まる「三線」の種類についてお伝えしていきます。

知念大工型

南風原型

最も古い型と言われており、細く小ぶりな印象を受けるのが南風原型の特徴です。棹は細めで、天と呼ばれる上部分が少しだけ曲がっています。半円形の部分が野丸ですが、この野丸と鳩胸の区別が難しいとされています。

知念大工型

棹部分が太めで、天が大きく曲がっています。天の中央と鳩胸部分にかすかに稜線が入っているのが特徴です。三線製作の役職・三線主取に任命された、知念の作とされています。

久場春殿型

南風原型と近い印象ですが、三線の中でも棹が太く、力強い印象を与えるのが久場春殿型です。上部の天の曲がりは小さく薄めですが、下方へ近づくごとに太さが増していきます。そのため、鳩胸と野丸の区別が難しい傾向にあります。

久葉の骨型

真横から見たときに、クバ(ビロウ)の葉柄に似ていた事が、名称の由来と言われています。棹が細く、南風原型をもう一回り小さくしたような印象で、三線の中で最も小ぶりな型です。

真壁型(盛嶋開鐘型)

真壁型

沖縄の三線の中でも特に人気が高く、最も「優美」な型と言われているのが真壁型です。全体のバランスや曲線美が魅力的で、初心者や通販サイト内で注目される事も多い型です。

平仲知念型

天部分の曲がりが大きく棹は細めですが、中央と鳩胸部分に入っている稜線が特徴的です。平仲知念型は、知念大工型の系統である平仲の作だと言われています。

与那城型

通称「ユナー」と呼ばれており、太めの棹や大ぶりな鳩胸が魅力の三線です。この型はほかにも、小与那城型、江戸与那型、佐久川の与那型、鴨口与那型の4つに分かれています。

型の種類が多く、細かな違いがあるのが、沖縄の三味線の特徴です。15世紀頃に中国から伝わった後、現在も、芸能文化の1つとして多くの人に愛され続けています。三線の独特な音色に魅了され、個人で楽しみたいと考える人も多いため、専門店では初心者向けの三線セットケース販売も盛んです。

通販サイトの大栄工芸では、沖縄の三線の中でも人気が高い、真壁型の本皮三線を取り扱っています。
初心者にも優しいセット販売や、オーダーメイドでオリジナルの三線を作りたい方にも豊富なデザインで対応いたします。柔らかい音色にじっくり浸りたいときには、大栄工芸までお問い合わせください。

沖縄三線の販売・オーダーメイド作成なら通販店【大栄工芸】 概要

名称 大栄工芸
所在地 〒901-1303 沖縄県島尻郡与那原町字与那原3192−29
電話番号 098-946-6532
FAX 098-946-6532
メールアドレス shopmaster@daiei34.com
URL http://www.daiei34.com
説明 沖縄三線・三味線の通販なら【大栄工芸】へ。初心者セットから、真壁型の本皮三線、人気の紅型、オリジナル・オーダーメイドの三線もお承ります。ケースなどの付属品も取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

コラム

三線ってどんな楽器?
三線のいろいろな種類について
三線各部の名称について
演奏への第一歩!工工四を知ろう
三線で弾きたい沖縄民謡
琉球古典音楽の歴史
可愛くて楽しい、カンカラ三線って?
世界にひとつだけ!あなたのオリジナル三線を作りませんか?
弾き語りをしよう!ウチナーグチ入門
沖縄音楽のポイント・琉球音階について

コラム