カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
沖縄三線・沖縄三味線専門店 大栄工芸のブログ沖縄三線・沖縄三味線専門店 大栄工芸のメルマガ沖縄三線・沖縄三味線専門店 大栄工芸の電話番号

三線の通販で初心者用セットを|三線ってどんな楽器?

初心者用三線セットを通販で|大栄工芸


世界には数多くの楽器が存在しており、日本にも多種多様な楽器があります。それぞれに歴史があり、特徴も違います。こちらでは、そんな楽器の中でも沖縄の伝統的な楽器である三線についてご紹介いたします。

三線と三味線の違い

三線と聞いて、津軽三味線などを想像する方も多い事でしょう。三線は別の呼び方で「三味線」と呼ばれる事もあり、また形も似ているため、同じ楽器として認識される事も少なくありません。しかし、三線と三味線は別の楽器であり、その構造や音色は異なります。

使用素材

三線と三味線の違いが最も表れる箇所として、使用している素材が挙げられます。三味線は胴に猫や犬の腹部の皮、弦を弾くバチにはべっ甲や象牙が用いられています。

一方、三線は胴に蛇の皮を用いて作られる事が一般的です。バチは「爪」とも呼ばれ、水牛の角などが素材として使用されます。この事から、形は似ていても楽器として違うものである事が分かると思います。

音色

音色も三線と三味線の違いが表れる場所で、その理由として「さわり」と呼ばれるつくりが関係しています。
さわりとは、いわゆるビビリ音の事です。

三味線はこのビビリ音を生み出せる構造になっており、独特な音を作り出す事が出来ます。一方、三線にはさわりを出すつくりが備わっていませんので、柔らかくクリーンな音が楽しめます。

感情を表現する楽器

三線は古くから、人々の感情を表現する楽器として扱われてきました。
悲しい時や嬉しい時、楽しい時と気持ちに合わせて演奏する事が出来たため、その音色は多くの人の心を癒し、楽しませてきたのです。

音楽のジャンルにとらわれる事なく誰でも気軽に挑戦出来る三線は、今も昔も変わらず多くの人々に親しまれている楽器なのです。

三線を自宅で楽しみたいとお考えの際は、大栄工芸の通販をご利用ください。大栄工芸では真壁型本皮三線をはじめ、紅型柄三線、デザイン柄三線など、多種多様な三線を取り揃えております。

初心者用三線セットは、三線を弾く際に必要な道具がすべて揃った商品で、初めて三線に触れる方にもおすすめです。また、オーダーメイドにも対応していますので、オリジナル三線の制作をお考えの際もお気軽にご相談ください。

沖縄三線の販売・オーダーメイド作成なら通販店【大栄工芸】 概要

名称 大栄工芸
所在地 〒901-1303 沖縄県島尻郡与那原町字与那原3192−29
電話番号 098-946-6532
FAX 098-946-6532
メールアドレス shopmaster@daiei34.com
URL http://www.daiei34.com
説明 沖縄三線・三味線の通販なら【大栄工芸】へ。初心者セットから、真壁型の本皮三線、人気の紅型、オリジナル・オーダーメイドの三線もお承ります。ケースなどの付属品も取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

コラム

三線ってどんな楽器?
三線のいろいろな種類について
三線各部の名称について
演奏への第一歩!工工四を知ろう
三線で弾きたい沖縄民謡
琉球古典音楽の歴史
可愛くて楽しい、カンカラ三線って?
世界にひとつだけ!あなたのオリジナル三線を作りませんか?
弾き語りをしよう!ウチナーグチ入門
沖縄音楽のポイント・琉球音階について

コラム