カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
沖縄三線・沖縄三味線専門店 大栄工芸のブログ沖縄三線・沖縄三味線専門店 大栄工芸のメルマガ沖縄三線・沖縄三味線専門店 大栄工芸の電話番号

三線(沖縄三味線)ってなんだろう − 三線の歴史・構造

沖縄さんしんの由来や文化、琉球王朝時代のさんしんの名器を紹介します。

三線、三味線、蛇皮(味)線ということば

14世紀末頃、中国から伝わったいわれる三線(さんしん)は(三弦)に由来し、中国語発音の「サンシェーン」からきたといわれます。字面が三弦から三線になりました。

三線は室町時代末期に大阪の堺を通して日本本土に伝わり、日本の代表的弦楽器になりました。また、三線という呼び名に対し、「味」という字が挿入されて、三味(しゃみ)または三味線(しゃみせん)と呼ばれるようになりました。

蛇皮線(じゃびせん)、蛇味線(しゃみせん)という言葉は、三線の俗称です。胴が蛇皮張りであることに因んでよばれました。

三線の材料

三線は「棹が命」という考え方があります。
その棹の材質にはリュウキュウコクタンの材が最高の素材といわれています。

それも本島産よりは八重山産の黒檀が最高のブランドとして王府時代から重宝がられました。

共鳴具としての胴の枠材にはデイゴ材。太鼓張りの材にはビルマニシキヘビの蛇皮が主に使われます。
体長4メートル以上のヘビ皮から4丁分の胴がつくられます。このヘビは現在ワシントン条約で捕獲が規制されていますが、野生のものではなく、養殖されたヘビが流通しています。

三線の材は黒檀,虹木、樫の木、などいろいろ使われています。

開鐘(けいじょう)ってなあに

三線の名器に「〇〇開鐘」という呼称があります。

六ツ時の時鐘としての開門鐘、開暁鐘(ケイジョウガニ)という言葉がありまが、夜明け前の静寂に響き渡る寺の音を思い浮かべてみましょう。三線の名器には「開門」や「開暁」という字ではなく、(開鐘」を「ケイジョウ」と読ませています。

開鐘とよばれる器にはそれぞれに由緒あるものです。例えば、王家が所有していた器には、(三線の中の三線)とよばれる「盛嶋開鐘」(ムルシマケージョー)があります。

大栄工芸ではこの盛嶋開鐘型三線(むりしまけーじょーがたさんしん)』を現代版として制作しております。(現代版 盛嶋開鐘型三線はこちら

三線の楽譜とは

演奏には楽譜が必要です。三線の楽譜を「工工四」(クンクンシー)または「工六四」(クルルンシー)といいます。

屋嘉比朝寄(1716〜75)が中国の楽譜を参考にしてつくったのがはじまりといわれています。知念績高(1761〜1828)の時代に「工工四」と呼ばれるようになりました。一説によると、その呼称の由来が唐の「工六四」の樂曲の始めが、「工工四・・・・」となっていることによるものだと考えられています。

琉球王府時代の三線はだれが作り、だれが弾いたか

知念型

知念大工型

尚真王の時代、王府は接遇強化の政策をうちだしました。冊封使に対する厚遇は国家の最重要プロジェクトでした。

のちに、玉城朝薫作の組踊上演(1719年の重陽の宴の際が初演)はその接遇策の延長線上に位置されるものです。三線製作者が文献で初めてでるのが、史書「球陽」(1745年)の中の尚寧24年(1612)の頃です。「三線打」(サンシンウチ)・三線製作者)が貝習奉行の指導下にある旨が記されます。また、尚益元年(1710)の頃には、「三弦匠主取」が設置され、知念が任命されたとあります。 また、「近世に至り、南風原なる者が善「三弦を製す」なども記されます。 

南風原型が知念大工型より古い型といわれる由がここにあります。これら王府おかかえの職人によって製作された三線は、冊封使艦隊や江戸上りの中で楽使や楽童宇治子によってかなでられました。


三線の棹の塗り

通常、棹の表面は黒く漆塗されるが、近年ではウレタンの吹付塗装が主流。

黒木や花梨といった用材で棹を作製する場合には、その木目や色合いを生かすために春慶塗り(スンチーヌリ)と呼ばれる透明の漆塗りを施すことが多い。また、奄美群島では塗を施さない地のままの棹を好む人が多い。