カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
沖縄三線・沖縄三味線専門店 大栄工芸のブログ沖縄三線・沖縄三味線専門店 大栄工芸のメルマガ沖縄三線・沖縄三味線専門店 大栄工芸の電話番号

三線の専門店|沖縄音楽のポイント・琉球音階について

三線の販売・オーダーメイドでの三線作成|大栄工芸


沖縄音楽について

古の琉球王朝時代から現代まで、王宮の伝統音楽から大衆民謡など、様々な音楽が受け継がれてきました。音楽にもいくつかジャンルがありますが、「沖縄音楽」は大まかに「沖縄で確立された音楽」をまとめて言い表したものです。

沖縄本島はアメリカに統治されていた歴史もあり、洋楽ロックや民謡を元にしたミュージックなどを耳にする事が多く、音楽表現も独自のものを生み出すようになりました。本土の音楽とは違った流れを持つ事もあり、沖縄音楽にはどこか独特な雰囲気があります。

琉球音階とは

沖縄音楽は一般的な西洋音階「ドレミファソラシド」から「レ」と「ラ」を抜き、「ドミファソシ」の琉球音階(五音音階)になるという独自性を持っています。

沖縄限定の音階かどうかは少し難しい面もありますが、この五音音階は本土でも広がりを見せています。「共通語のPOP曲だけれど、音は琉球音階」というような音楽が、民謡をはじめ邦楽全般で感じられるようになってきています。

三線の音色や伸びのあるボーカルの発声、リズム感の違いが沖縄音楽のイメージを作っているのも事実です。
耳に馴染みやすく特徴ある音楽は、沖縄の文化や歴史を示す「伝統音楽」とも言えるのです。

かけ声や指笛が入るのもポイント

沖縄音楽は、曲の間に入るコーラス(かけ声)や指笛の印象も強く、民謡でも子供も大人も参加して盛り上がる事が出来るのも魅力です。有名な民謡「安里屋ユンタ」や「ハイサイおじさん」の唄の中でも、「サーユイユイ」や「ハッ、ハッ」のかけ声が入る事により、音楽を独特かつテンポ良く表現しています。

沖縄らしさを感じる音楽は、音階はもちろんテンポやリズムがまとまっており、そこに三線の演奏が加わってきています。素朴で美しい音色を奏でる三線は、今も人が多く集まる場で交流の一環として演奏されています。

三線で奏でる特徴的な琉球音階が沖縄音楽のポイントです。大栄工芸は三線の専門店として、本皮や人工皮三線の販売をはじめ、オーダーメイドでの三線作成などを承っています。

初心者用の三線セットは、三線の独特な音色に魅了されたお客様に大変おすすめです。大栄工芸では、あなたにピッタリの1本を提供させて頂きます。まずはお気軽にご相談ください。

沖縄三線の販売・オーダーメイド作成なら通販店【大栄工芸】 概要

名称 大栄工芸
所在地 〒901-1303 沖縄県島尻郡与那原町字与那原3192−29
電話番号 098-946-6532
FAX 098-946-6532
メールアドレス shopmaster@daiei34.com
URL http://www.daiei34.com
説明 沖縄三線・三味線の通販なら【大栄工芸】へ。初心者セットから、真壁型の本皮三線、人気の紅型、オリジナル・オーダーメイドの三線もお承ります。ケースなどの付属品も取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

コラム

三線ってどんな楽器?
三線のいろいろな種類について
三線各部の名称について
演奏への第一歩!工工四を知ろう
三線で弾きたい沖縄民謡
琉球古典音楽の歴史
可愛くて楽しい、カンカラ三線って?
世界にひとつだけ!あなたのオリジナル三線を作りませんか?
弾き語りをしよう!ウチナーグチ入門
沖縄音楽のポイント・琉球音階について

沖縄三線の販売店|弾き語りをしよう!ウチナーグチ入門

沖縄三線を販売・オーダーメイド|大栄工芸


琉球民謡で特徴的とも言えるのが、「ウチナーグチ」で唄われる歌詞です。沖縄方言に限らず、地方の方言はそれぞれ意味合いや用途が異なるため、一度聴いただけでは歌詞の意味を理解しづらい箇所も多いです。

しかし、沖縄三線を扱うのなら、ウチナーグチは避けて通れない関門でもあります。スムーズな弾き語りを目指す場合、まずはウチナーグチを知る事をおすすめします。

三線を弾くときこそ「ウチナーグチ」

ウチナーグチとはその名の通り、沖縄の方言を指します。北部や南部など、地域によって方言に違いもありますが、沖縄三線で琉球民謡を弾き語る際には欠かせないものです。

ウチナーグチの特徴は、母音が「a・i・u」の3つしかない事です。そのため、手は「テイ」、心は「ククル」といった呼び方になります。地方独自の表現が含まれる場合もあるため、歌詞を解釈しにくい部分も多いですが、基本的な表現や文法を押さえる事で、民謡の意味を理解出来るようになります。

「弾き語り」をするときのコツ

三線を弾きながら歌詞を唄う「弾き語り」は、2つの作業の同時並行になるため、慣れるまでは各練習を重ねる必要があります。そのためのコツについて、簡単にご紹介します。

  • 三線のキーの高さを、自分の声の高さに調整する
  • 歌詞を覚える→工工四を覚える
    →繰り返し弾いて練習する→弾き語り

自分の声の高さに三線のキーを調整し、暗記と練習をしっかり繰り返す事が大切です。独特な唄い方や間の取り方、リズムの取り方を身体に覚えさせましょう。

リズムが取れるようになると、ゆったりした心地で三線を扱えるようになります。弾き語りは、演奏も発声も両方大切ですが、歌詞をきちんと唄えているかどうかもポイントです。琉球民謡は独特なメロディーが多いため、聴きこみや繰り返しの訓練がおすすめです。

沖縄三線の魅力に触れるなら、通販専門の大栄工芸にご相談ください。人気の高い真壁型の三線をはじめ、初心者向けのセットなども販売しています。中でも、お客様の希望に応えたオリジナル三線は、オーダーメイド販売も受け付けております。

三線胴部分の蛇皮とは別に、紅型やお好きな生地を使い違った印象の三線をお楽しみ頂けます。
ウチナーグチでの弾き語りをスタートさせる第一歩に、大栄工芸の三線をご利用ください。

沖縄三線の販売・オーダーメイド作成なら通販店【大栄工芸】 概要

名称 大栄工芸
所在地 〒901-1303 沖縄県島尻郡与那原町字与那原3192−29
電話番号 098-946-6532
FAX 098-946-6532
メールアドレス shopmaster@daiei34.com
URL http://www.daiei34.com
説明 沖縄三線・三味線の通販なら【大栄工芸】へ。初心者セットから、真壁型の本皮三線、人気の紅型、オリジナル・オーダーメイドの三線もお承ります。ケースなどの付属品も取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

コラム

三線ってどんな楽器?
三線のいろいろな種類について
三線各部の名称について
演奏への第一歩!工工四を知ろう
三線で弾きたい沖縄民謡
琉球古典音楽の歴史
可愛くて楽しい、カンカラ三線って?
世界にひとつだけ!あなたのオリジナル三線を作りませんか?
弾き語りをしよう!ウチナーグチ入門
沖縄音楽のポイント・琉球音階について

世界にひとつだけ!あなたのオリジナル三線を作りませんか?

三味線をオーダーメイドで作成するなら|大栄工芸


沖縄の三味線(三線)を購入する際、2つのパターンが選択出来ます。1つ目は、プロ職人の手で既に作成された三線の購入で、2つ目は棹の型や胴の柄などをオーダーメイドして作成された三線です。

蛇皮や黄金色の胴巻きもイメージが強く根強い人気ですが、デザインや注文方法の幅が広がった事によって、オリジナル三線も注目されるようになってきました。

三味線の「オリジナル作成」とは

実は初心者が最も戸惑うのが、三線を購入するときです。
琉球王朝時代から伝わる三線は、型や部品の種類も豊富なため、何を購入すれば良いのか分からず迷ってしまいがちです。少ない情報の中で、既に完成された物を購入するパターンが多いでしょう。

しかし、三線に慣れてくると「原木や型も自分で選びたい」と考え始める方や、「デザイン性が豊かで個性的な物が欲しい」という方も現れます。そのような希望を反映出来るのが、オリジナル三線の魅力なのです。

あなただけの「沖縄三線」をオーダー作成

オリジナル三線のオーダーは棹や材質を選べたり、各パーツを組み合わせ出来たりと様々です。専門店によって出来る内容が異なりますが、自分好みのオーダー内容を選べる楽しみを味わう事が出来ます。一般的なオーダー内容を簡単にご紹介します。

三線の木質や型の種類をフルオーダー

沖縄三線の中では、しっかりとした本皮張りや、棹部分が真壁型タイプの三線などは特に人気があります。
しかし、人によって「本皮張りでも、あのタイプが良い」や「棹はもう少し細めが良い」という好みもあるため、フルオーダーを受け付ける専門店も多く存在します。もちろんショップによって違いはありますが、1パーツごとの選択も可能です。

デザインを選べて、個性的なオリジナル三線

胴部分や胴巻き、紐の色などを選べるまさしく「自分だけの」三線を作成する方法もあります。蛇皮ではなく、あえてミンサーや紅型のデザインにしてみたり、柄に合わせて紐色を選んだりなど、自分好みの三線ならより楽しく演奏する事が出来ます。

沖縄三線のデザインやオーダーもいろいろありますが、自分が納得出来る専門店を選ぶ事がポイントです。自分好みの内容を選択して、あなただけの音を奏でましょう。

大栄工芸では、お客様の好きなデザイン生地を使ったオリジナル三線の作成を承っております。三線の胴部分に使用したい思い出ある生地をあてる事で、世界に1つだけの沖縄三味線が出来上がります。大切な生地を形に出来るオーダーメイドをお考えの際には、是非一度ご相談ください。

その他、本場と言える本皮三線をはじめ、棹部分が優美で人気の高い真壁型なども販売しております。
沖縄の魅力が詰まった三線・三味線を自分好みの形にし、その魅力をご堪能ください。

沖縄三線の販売・オーダーメイド作成なら通販店【大栄工芸】 概要

名称 大栄工芸
所在地 〒901-1303 沖縄県島尻郡与那原町字与那原3192−29
電話番号 098-946-6532
FAX 098-946-6532
メールアドレス shopmaster@daiei34.com
URL http://www.daiei34.com
説明 沖縄三線・三味線の通販なら【大栄工芸】へ。初心者セットから、真壁型の本皮三線、人気の紅型、オリジナル・オーダーメイドの三線もお承ります。ケースなどの付属品も取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

コラム

三線ってどんな楽器?
三線のいろいろな種類について
三線各部の名称について
演奏への第一歩!工工四を知ろう
三線で弾きたい沖縄民謡
琉球古典音楽の歴史
可愛くて楽しい、カンカラ三線って?
世界にひとつだけ!あなたのオリジナル三線を作りませんか?
弾き語りをしよう!ウチナーグチ入門
沖縄音楽のポイント・琉球音階について

三味線の通販で初心者用セットを|可愛くて楽しい、カンカラ三線

三味線の初心者用セットやケースを通販で|大栄工芸


見た目はおもちゃのように見えていても、実際に弾くとしっかりした音に驚く方も多いのが「カンカラ三線」です。
素朴でどこか懐かしさを感じさせるだけでなく、気軽に使用する事が出来て人気です。

カンカラ三線って何?

カンカラ三線とは、空き缶(カンカラ)を利用して作成した「三味線」の事になります。戦前の沖縄ではおもちゃ的存在だったカンカラ三線ですが、戦後では全く違った印象を持つ事になります。

辛く苦しい歴史の残る戦後は物資の不足をはじめ、住まいや家族、友人を失った悲しみに溢れていました。その時、懐かしい音色と唄で悲しみを和らげる役割を果たしたのが、このカンカラ三線と言われています。

戦前のようにクバの葉や麻の皮から材料を得られない中、廃材の木部を棹にあて、空き缶を胴、弦は紐や電話線を使用するなど、使える物だけで作られました。カンカラ三線は、時代と共にその役割を変化させ、流れを乗り越えてきたのです。

今では「お土産」や「手作りキット」で人気

初めて三味線に触れる方にとって、親しみやすく感じられるのもカンカラ三線の魅力と言えます。観光地では、お土産ショップに普通の三線と一緒に並ぶ事も多く、自宅で組み立ての出来る「手作りキット」セットも、店頭や通販で購入出来るようになりました。

手作りキットは制作手順の書かれた説明書はもちろん、棹や胴(缶)、弦やカラクイなど、使用する材料が全て揃っているので観光客にも人気です。

カンカラ三線を上手く演奏するコツは弦を押さえる位置を知り、しっかりと押さえる事です。これは普通の三線でも同様の決まりと言えますが、カンカラ三線で基本をマスターする事で、本物を弾く際に余韻あるきれいな音を出す事が出来ます。

カンカラ三線と普通の三線との違い

手軽で使用しやすいカンカラ三線は、見た目の可愛らしさも含め、初心者や多くの人の心を掴んでいます。
けれども、三線に比べて小型なため、弦を押さえる「勘所」と呼ばれる位置をズレたまま覚えてしまう事もあります。そうなってしまうと、普通の三線を演奏するときに不都合を感じてしまう可能性があります。

もし沖縄三線を真剣に始めたいと考えているのなら本物を購入し、「三線」の魅力を深く感じる事をおすすめします。

味わい深い三線の音色を楽しむなら、通販専門の大栄工芸をご利用ください。オリジナルデザインの三線をはじめ、初心者に優しい三線キットを取り揃えております。大栄工芸ではその他にも、三線の入れ物となるケースも多種ご用意しており、外からの衝撃や持ち運びの悩みも解消されます。琉球音楽を代表する管楽器「三線」に触れるなら、大栄工芸の通販をお気軽にご利用ください。

沖縄三線の販売・オーダーメイド作成なら通販店【大栄工芸】 概要

名称 大栄工芸
所在地 〒901-1303 沖縄県島尻郡与那原町字与那原3192−29
電話番号 098-946-6532
FAX 098-946-6532
メールアドレス shopmaster@daiei34.com
URL http://www.daiei34.com
説明 沖縄三線・三味線の通販なら【大栄工芸】へ。初心者セットから、真壁型の本皮三線、人気の紅型、オリジナル・オーダーメイドの三線もお承ります。ケースなどの付属品も取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

コラム

三線ってどんな楽器?
三線のいろいろな種類について
三線各部の名称について
演奏への第一歩!工工四を知ろう
三線で弾きたい沖縄民謡
琉球古典音楽の歴史
可愛くて楽しい、カンカラ三線って?
世界にひとつだけ!あなたのオリジナル三線を作りませんか?
弾き語りをしよう!ウチナーグチ入門
沖縄音楽のポイント・琉球音階について

通販で三線セットを販売|琉球古典音楽の歴史

三線の通販専門|初心者用のセットなら|大栄工芸


かつて琉球王朝時代、三味線を中心に笛や太鼓、胡弓に筝曲などの古典音楽が盛んでした。14世紀末頃に中国から伝来した三線は、今や琉球の音楽を演奏するのに欠かせない管楽器の1つです。

沖縄の古典音楽の誕生をはじめ、時代の流れと共に歴史を育んできた「琉球古典音楽」の魅力について、お伝えします。

今も受け継がれる琉球古典音楽

歌・舞・三線の伝統音楽が継承され続けてきた沖縄では、古典音楽の「独特な間の取り方」や「音域の広さ」、さらに「強弱のつけ方」などでも注目されるようになりました。現在まで伝わる琉球古典音楽の創始者的役割を担った人物が「湛水親方(幸地賢忠)」と言われています。

17世紀頃の琉球では、琉球音楽よりも大和芸能が推奨されていましたが、その中で湛水親方は古典三線音楽「湛水流」を完成させる事に成功し、この湛水流が古典音楽の基礎を築いたのです。

流派と工工四の誕生

18世紀に入ると、中国の楽譜を元にして屋嘉比朝寄が工六四(クンルンシー)を作成し、知念績高により工工四(クンクンシー)が考案されます。この工工四を、知念の弟子である安冨祖正元と野村安趙が継承した事によって、現在に繋がる「安冨祖流」・「野村流」が確立されました。

現在、私たちが使用している工工四は、19世紀頃に野村安趙が尚泰王の命で編纂した工工四が元になっています。瞬く間に広がりを見せた三線音楽の歴史を辿る事で、学習者の増加に伴う継承への道筋も見えてきます。

古典音楽の流派の特徴

琉球古典音楽の2大流派と言われる「野村流」と「安冨祖流」にあまり大きな違いはなく、一部の曲を除けば2流派合同で演奏も可能です。野村流と安冨祖流の違いを簡単にご紹介します。

安冨祖流

師匠から弟子へ口伝でのレッスンが主で、抑揚ある節回しや手の使い方が特徴です。唄い方や仕草も、師匠から学んでいきます。

野村流

声楽譜付きの工工四が普及し、自学習が可能となった事が特徴です。ただ、譜面の読み方やバチの使い方などで、流派の師匠に指導を受ける方もいらっしゃいます。

琉球古典音楽は、流派や形が出来上がるまで長い歴史を辿ってきました。時代と共に育まれてきた独特な音色は、老若男女問わず心に響くものがあります。その音色と芸術性に魅了されて、三線を弾きたいと考える方も増えています。

通販専門の大栄工芸では、三線を始めたい方向けのセット商品をはじめ、本皮張りのしっかりとした三線を取り扱っています。初心者から上級者まで人気の高い「真壁型」は、数ある型の中でも全体のバランスが美しくおすすめです。歴史深い三線の魅力をもっと深く知りたいとお考えの際は、大栄工芸をご利用ください。

沖縄三線の販売・オーダーメイド作成なら通販店【大栄工芸】 概要

名称 大栄工芸
所在地 〒901-1303 沖縄県島尻郡与那原町字与那原3192−29
電話番号 098-946-6532
FAX 098-946-6532
メールアドレス shopmaster@daiei34.com
URL http://www.daiei34.com
説明 沖縄三線・三味線の通販なら【大栄工芸】へ。初心者セットから、真壁型の本皮三線、人気の紅型、オリジナル・オーダーメイドの三線もお承ります。ケースなどの付属品も取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

コラム

三線ってどんな楽器?
三線のいろいろな種類について
三線各部の名称について
演奏への第一歩!工工四を知ろう
三線で弾きたい沖縄民謡
琉球古典音楽の歴史
可愛くて楽しい、カンカラ三線って?
世界にひとつだけ!あなたのオリジナル三線を作りませんか?
弾き語りをしよう!ウチナーグチ入門
沖縄音楽のポイント・琉球音階について

三線を通販で|三線で弾きたい沖縄民謡

三線・沖縄の三味線なら|大栄工芸


子どもからお年寄りまで、今も多くの人々に愛され続けている沖縄民謡は、奏でる三線の音色も魅力的です。柔らかく優しい音は、沖縄好きや三線好きには心にグッとくるものがあります。

演奏できる曲目も民謡から若者向けのポップ曲など幅広く、沖縄独特の音を楽しめる「民謡」の人気は高いです。

三線で絶対に弾きたくなる沖縄民謡

民謡の魅力として挙げられるのが、ウチナーグチのゆったりとしたメロディーと、歌詞の中でかつての琉球時代を感じられる事です。沖縄民謡は基本的に楽譜となる工工四の読み方や、三線の勘所をある程度おさえると、演奏自体は出来るようになります。

さらに、弾きたい民謡を知っている・聴いた事があるという前提があると、民謡独特の「音の運び」もイメージしやすいため、演奏もスムーズになります。実際に、民謡の中でも人気が高く代表的とも言える曲目を簡単にご紹介します。

  • 安里屋ゆんた
  • てぃんさぐぬ花
  • ハイサイおじさん
  • 島唄

沖縄好きなら一度は聴いた事のある曲目ですが、民謡を1曲でも弾けるようになると、意外な場面で役立つ事も多くあります。

沖縄民謡をマスターするには

三線を弾きながら民謡を唄う「弾き唄い」が多いですが、そのときに重要なのが民謡独特の音域や声量、唄いまわしです。

沖縄民謡は初心者が躓きやすい部分が多いため、唄い方や演奏方法のポイントを押さえる事が大切です。民謡演奏をマスターするための、ちょっとしたコツをお伝えします。

弾きたい民謡のCDや動画などで聴きこむ

実際の演奏者によって違いはありますが、まずは自分が好きな民謡を聴きこむ事がポイントです。販売されている民謡CDには歌詞カードも付いているので、歌詞を確認しながら練習が出来ます。メロディーと一緒に唄いながら、民謡の発声や唄い方をチェックします。

工工四を繰り返し練習する

曲の流れを把握したら、工工四の譜面を1つずつ確認しながら三線を弾きます。メロディーラインでひっかかる部分があれば、繰り返し練習し、少しずつ弾き唄いが出来るようになります。

メロディーラインや工工四を確認し、実際に練習を重ねる事が沖縄民謡をマスターする基本的な流れです。
そのためにも、まずは三線を用意する事をおすすめします。沖縄民謡を弾きたいとお考えなら、大栄工芸をご利用ください。

三線本体の販売はもちろん、オーダーメイド三線、初心者にも優しい三線の教本や同内容の民謡CDの販売なども行っております。民謡のメロディーや教本を確認しながら、少しずつ三線をマスターしていく事が大切です。
大栄工芸は、三線の魅力に深く触れたい方をしっかりサポートします。

沖縄三線の販売・オーダーメイド作成なら通販店【大栄工芸】 概要

名称 大栄工芸
所在地 〒901-1303 沖縄県島尻郡与那原町字与那原3192−29
電話番号 098-946-6532
FAX 098-946-6532
メールアドレス shopmaster@daiei34.com
URL http://www.daiei34.com
説明 沖縄三線・三味線の通販なら【大栄工芸】へ。初心者セットから、真壁型の本皮三線、人気の紅型、オリジナル・オーダーメイドの三線もお承ります。ケースなどの付属品も取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

コラム

三線ってどんな楽器?
三線のいろいろな種類について
三線各部の名称について
演奏への第一歩!工工四を知ろう
三線で弾きたい沖縄民謡
琉球古典音楽の歴史
可愛くて楽しい、カンカラ三線って?
世界にひとつだけ!あなたのオリジナル三線を作りませんか?
弾き語りをしよう!ウチナーグチ入門
沖縄音楽のポイント・琉球音階について

沖縄三線を販売|演奏への第一歩!工工四を知ろう

沖縄三線の販売|オーダーメイド作成なら|大栄工芸


工工四(クンクンシー)の譜面上では、各弦の位置に「合」や「乙」などの漢字1字が示されており、演奏時は文字譜で音階をチェックしていきます。音符が連なる西洋の楽譜とも異なるため、琉球民謡の楽譜は慣れるまでに少し時間が必要です。

沖縄三線は「男弦・中弦・女弦」の三弦を使用しますが、1本の弦の中に音を変えるポイントがあります。ここでは指で押さえる勘所と、使用する指についてご紹介します。

男弦の勘所

合・乙・老・下老(音階はドレミファ)

男弦の一番上は「合」で、どの弦も押さえない開放弦です。その下に来るのが「乙」で、歌口から約6〜7センチ下を人差し指で押さえ、次に乙から約5〜6センチ下の「老」を中指で押さえます。さらに老から約5〜6センチ下の「下老」は、押さえるのに小指を使います。

中弦の勘所

四・上・中・尺(音階はファソラシ)

開放弦の「四」は中弦の一番上にあり、その下に来る「上」は、歌口から約6〜7センチ下の位置を人差し指で押さえます。次の「中」は、上から約5〜6センチ下を中指で押さえ、中から約5〜6センチ下の「尺」は小指で押さえます。

女弦の勘所

工・五・六・七・八(高音のドレミファソ)

女弦の一番上は開放弦の「工」で、その下の「五」は歌口から約6〜7センチ下を人差し指で押さえます。
次の「六」は、五から約5〜6センチ下を中指で押さえ、六から3〜4センチ下の「七」は小指を使います。さらに七を下方へスライドさせた「八」の押さえも、小指になります。

指を細かく使いますが、三線は実際に譜面を見て奏でる事で少しずつ覚えていけます。はじめは難しく感じるかもしれませんが、文字譜を覚えると演奏出来る曲目も増えてきます。

また、指位置をチェックする勘所シールは、三線の上達をサポートするおすすめのアイテムです。工工四の基本を知り、スムーズな演奏を目指しましょう。

大栄工芸では、沖縄三線の中でも特に人気のある真壁型をはじめ、初心者はもちろんプロも納得のオーダーメイドの三線を販売しております。

三線の蛇皮が印象的な胴部分を、沖縄の紅型生地に変えられるオリジナルの沖縄三線もご用意しています。
工工四と同時進行で三線をマスターしたいとお考えの方は、まずは大栄工芸にご相談ください。

沖縄三線の販売・オーダーメイド作成なら通販店【大栄工芸】 概要

名称 大栄工芸
所在地 〒901-1303 沖縄県島尻郡与那原町字与那原3192−29
電話番号 098-946-6532
FAX 098-946-6532
メールアドレス shopmaster@daiei34.com
URL http://www.daiei34.com
説明 沖縄三線・三味線の通販なら【大栄工芸】へ。初心者セットから、真壁型の本皮三線、人気の紅型、オリジナル・オーダーメイドの三線もお承ります。ケースなどの付属品も取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

コラム

三線ってどんな楽器?
三線のいろいろな種類について
三線各部の名称について
演奏への第一歩!工工四を知ろう
三線で弾きたい沖縄民謡
琉球古典音楽の歴史
可愛くて楽しい、カンカラ三線って?
世界にひとつだけ!あなたのオリジナル三線を作りませんか?
弾き語りをしよう!ウチナーグチ入門
沖縄音楽のポイント・琉球音階について

三味線をオーダーメイド|三線各部の名称について

オーダーメイドで三味線を作るなら|大栄工芸


どこか懐かしく、独特な音色が魅力でもある沖縄の三味線は、通信販売オーダーメイドでの販売も増えており、注目を集めています。そんな三線に初めて触れる方にとって、まず基本となるのが「各部の名称」を覚える事です。

一度に全て覚えるのは難しいため、工工四の楽譜に沿って少しずつ覚えていくパターンが多いですが、名称を押さえる事は、三線をマスターするための第一歩に繋がります。

沖縄三味線の各部名称

天(チラ)

三線の一番上部で、格型によって厚さや反りが異なります。

範(カラクイまたはムディ)

調弦する糸巻き部分です。男弦掛、中弦掛、女弦掛の3か所あります。男弦(ウージル)、中弦(ナカジル)、女弦(ミージル)の3つの弦をまとめています。

糸蔵(チルダマイ)

糸巻きが弦を巻き取る、範部分中央の四角い穴の事です。糸蔵の下にある3つの弦の位置を固定するのが「歌口(ウトゥガニ)」です。

棹(ソー)

三線を手で支え、弦を押さえるための大事な部分です。各型によって細さも違うため、見分けるときに注視されます。棹の弦が張られている面は「野(トゥーイ)」と呼ばれています。

野坂、鳩胸(スンウリ、ウトゥチカラ)

棹と胴が密接する付け根の、少し広がりの出ている表面部分が野坂です。その反対側の盛り上がった所を鳩胸と呼びます。鳩胸のふくらみは、三線の型によって異なります。

胴(チーガ)

三線の胴部分で蛇皮が特徴的です。この胴の表面上に、3つの弦を立てる部品「駒(ウマ)」が設置されます。駒の位置や高さを変える事で、音に変化をもたらします。

猿尾、糸掛(ミジアティ、チルドゥミ)

棹の一番下で、胴から棹のしっぽ部分が出ている部分が「猿尾」です。この先端に、3つの弦を結んで引っ掛けるものが「糸掛」です。

あらかじめ名称を知っておくと三線の説明内容を理解しやすく、実際の使用時に役立ちます。自宅で三線を楽しみたい方や初心者をはじめ、オリジナルの三線をお探しの方は、大栄工芸までお問い合わせください。

大栄工芸では、優美なデザインが美しく人気の高い、真壁型本皮三線などの通販や、胴部分の生地のオーダーメイド作成を行っています。かつての琉球王国を感じさせる、伝統管楽器の三線をオーダーメイドで手に入れる際には、三線専門の通販サイト・大栄工芸まで是非一度ご相談ください。

沖縄三線の販売・オーダーメイド作成なら通販店【大栄工芸】 概要

名称 大栄工芸
所在地 〒901-1303 沖縄県島尻郡与那原町字与那原3192−29
電話番号 098-946-6532
FAX 098-946-6532
メールアドレス shopmaster@daiei34.com
URL http://www.daiei34.com
説明 沖縄三線・三味線の通販なら【大栄工芸】へ。初心者セットから、真壁型の本皮三線、人気の紅型、オリジナル・オーダーメイドの三線もお承ります。ケースなどの付属品も取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

コラム

三線ってどんな楽器?
三線のいろいろな種類について
三線各部の名称について
演奏への第一歩!工工四を知ろう
三線で弾きたい沖縄民謡
琉球古典音楽の歴史
可愛くて楽しい、カンカラ三線って?
世界にひとつだけ!あなたのオリジナル三線を作りませんか?
弾き語りをしよう!ウチナーグチ入門
沖縄音楽のポイント・琉球音階について

真壁型を通販で|三線のいろいろな種類

三線の通販で真壁型の本皮三線を|大栄工芸


管楽器である三味線は、琉球王朝の時代より大切な伝統楽器として受け継がれており、県民はもちろん観光や通販など、沖縄の魅力を伝える手段の1つとして注目されています。

本体はヘビの皮が貼られている胴(チーガ)と漆塗りされている棹(ソー)、糸巻き(カラクイ)から成り、太さが異なる弦を3本使用し演奏を行います。三味線の型は実に様々で、時代の流れに伴って形状が変化してきました。
棹の形状によって型が決まる「三線」の種類についてお伝えしていきます。

知念大工型

南風原型

最も古い型と言われており、細く小ぶりな印象を受けるのが南風原型の特徴です。棹は細めで、天と呼ばれる上部分が少しだけ曲がっています。半円形の部分が野丸ですが、この野丸と鳩胸の区別が難しいとされています。

知念大工型

棹部分が太めで、天が大きく曲がっています。天の中央と鳩胸部分にかすかに稜線が入っているのが特徴です。三線製作の役職・三線主取に任命された、知念の作とされています。

久場春殿型

南風原型と近い印象ですが、三線の中でも棹が太く、力強い印象を与えるのが久場春殿型です。上部の天の曲がりは小さく薄めですが、下方へ近づくごとに太さが増していきます。そのため、鳩胸と野丸の区別が難しい傾向にあります。

久葉の骨型

真横から見たときに、クバ(ビロウ)の葉柄に似ていた事が、名称の由来と言われています。棹が細く、南風原型をもう一回り小さくしたような印象で、三線の中で最も小ぶりな型です。

真壁型(盛嶋開鐘型)

真壁型

沖縄の三線の中でも特に人気が高く、最も「優美」な型と言われているのが真壁型です。全体のバランスや曲線美が魅力的で、初心者や通販サイト内で注目される事も多い型です。

平仲知念型

天部分の曲がりが大きく棹は細めですが、中央と鳩胸部分に入っている稜線が特徴的です。平仲知念型は、知念大工型の系統である平仲の作だと言われています。

与那城型

通称「ユナー」と呼ばれており、太めの棹や大ぶりな鳩胸が魅力の三線です。この型はほかにも、小与那城型、江戸与那型、佐久川の与那型、鴨口与那型の4つに分かれています。

型の種類が多く、細かな違いがあるのが、沖縄の三味線の特徴です。15世紀頃に中国から伝わった後、現在も、芸能文化の1つとして多くの人に愛され続けています。三線の独特な音色に魅了され、個人で楽しみたいと考える人も多いため、専門店では初心者向けの三線セットケース販売も盛んです。

通販サイトの大栄工芸では、沖縄の三線の中でも人気が高い、真壁型の本皮三線を取り扱っています。
初心者にも優しいセット販売や、オーダーメイドでオリジナルの三線を作りたい方にも豊富なデザインで対応いたします。柔らかい音色にじっくり浸りたいときには、大栄工芸までお問い合わせください。

沖縄三線の販売・オーダーメイド作成なら通販店【大栄工芸】 概要

名称 大栄工芸
所在地 〒901-1303 沖縄県島尻郡与那原町字与那原3192−29
電話番号 098-946-6532
FAX 098-946-6532
メールアドレス shopmaster@daiei34.com
URL http://www.daiei34.com
説明 沖縄三線・三味線の通販なら【大栄工芸】へ。初心者セットから、真壁型の本皮三線、人気の紅型、オリジナル・オーダーメイドの三線もお承ります。ケースなどの付属品も取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

コラム

三線ってどんな楽器?
三線のいろいろな種類について
三線各部の名称について
演奏への第一歩!工工四を知ろう
三線で弾きたい沖縄民謡
琉球古典音楽の歴史
可愛くて楽しい、カンカラ三線って?
世界にひとつだけ!あなたのオリジナル三線を作りませんか?
弾き語りをしよう!ウチナーグチ入門
沖縄音楽のポイント・琉球音階について

三線の通販で初心者用セットを|三線ってどんな楽器?

初心者用三線セットを通販で|大栄工芸


世界には数多くの楽器が存在しており、日本にも多種多様な楽器があります。それぞれに歴史があり、特徴も違います。こちらでは、そんな楽器の中でも沖縄の伝統的な楽器である三線についてご紹介いたします。

三線と三味線の違い

三線と聞いて、津軽三味線などを想像する方も多い事でしょう。三線は別の呼び方で「三味線」と呼ばれる事もあり、また形も似ているため、同じ楽器として認識される事も少なくありません。しかし、三線と三味線は別の楽器であり、その構造や音色は異なります。

使用素材

三線と三味線の違いが最も表れる箇所として、使用している素材が挙げられます。三味線は胴に猫や犬の腹部の皮、弦を弾くバチにはべっ甲や象牙が用いられています。

一方、三線は胴に蛇の皮を用いて作られる事が一般的です。バチは「爪」とも呼ばれ、水牛の角などが素材として使用されます。この事から、形は似ていても楽器として違うものである事が分かると思います。

音色

音色も三線と三味線の違いが表れる場所で、その理由として「さわり」と呼ばれるつくりが関係しています。
さわりとは、いわゆるビビリ音の事です。

三味線はこのビビリ音を生み出せる構造になっており、独特な音を作り出す事が出来ます。一方、三線にはさわりを出すつくりが備わっていませんので、柔らかくクリーンな音が楽しめます。

感情を表現する楽器

三線は古くから、人々の感情を表現する楽器として扱われてきました。
悲しい時や嬉しい時、楽しい時と気持ちに合わせて演奏する事が出来たため、その音色は多くの人の心を癒し、楽しませてきたのです。

音楽のジャンルにとらわれる事なく誰でも気軽に挑戦出来る三線は、今も昔も変わらず多くの人々に親しまれている楽器なのです。

三線を自宅で楽しみたいとお考えの際は、大栄工芸の通販をご利用ください。大栄工芸では真壁型本皮三線をはじめ、紅型柄三線、デザイン柄三線など、多種多様な三線を取り揃えております。

初心者用三線セットは、三線を弾く際に必要な道具がすべて揃った商品で、初めて三線に触れる方にもおすすめです。また、オーダーメイドにも対応していますので、オリジナル三線の制作をお考えの際もお気軽にご相談ください。

沖縄三線の販売・オーダーメイド作成なら通販店【大栄工芸】 概要

名称 大栄工芸
所在地 〒901-1303 沖縄県島尻郡与那原町字与那原3192−29
電話番号 098-946-6532
FAX 098-946-6532
メールアドレス shopmaster@daiei34.com
URL http://www.daiei34.com
説明 沖縄三線・三味線の通販なら【大栄工芸】へ。初心者セットから、真壁型の本皮三線、人気の紅型、オリジナル・オーダーメイドの三線もお承ります。ケースなどの付属品も取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

コラム

三線ってどんな楽器?
三線のいろいろな種類について
三線各部の名称について
演奏への第一歩!工工四を知ろう
三線で弾きたい沖縄民謡
琉球古典音楽の歴史
可愛くて楽しい、カンカラ三線って?
世界にひとつだけ!あなたのオリジナル三線を作りませんか?
弾き語りをしよう!ウチナーグチ入門
沖縄音楽のポイント・琉球音階について

ページトップへ